先輩の体験談

女性・26歳・私立大学文系・大学4回生(ベトナム国籍) 相談する前はとりあえず大手企業に応募しておりました、書類すら通らないところも多かったのですが、当時の私は自分の立場も理解せずにそのまま応募を続けていました。 大手企業であれば留学生の採用も行ってはいるものの、それだけ倍率が高く、日本の就職活動について理解していなかった私ではライバルに勝つことができなかったのです。 JAPA JOBのアドバイザーに相談したところ、単純な求人の紹介ではなく、自分のやりたい仕事が本当は何なのか、その仕事はどの様な企業であればできるのかなど、親身になって相談にのって下さいました。 じっくりと話すうちに、自分のやりたい仕事が見えてきました。そうすると、今まで苦手であった志望動機などもスラスラと書くことが出来るようになり、選考通過率も上がってきました。 最終的には、希望した職業ができる企業に就職する事ができ、今は忙しいですが楽しく働いています。色々とありがとうございました。
男性・25歳・私立大学理系・卒業後4ヶ月目(台湾国籍) 母国での大学を卒業した後、日本の大学に3年次から編入を行いました。在学中は勉強に専念しており、就職活動をほとんど行っておりませんでした。 卒業後しばらくしてから就職活動を開始するものの、日本の就職活動のスケジュールを理解しておらず、行動し始めた時には新卒採用がほとんど終わってしまっていました。 帰国日までまだ3ヶ月程あったので、大丈夫だろうと思ったのですがJAPA JOBに相談をして、実際はタイムリミット間近であった事に初めて気づきました。 就職活動自体ほぼ始めたばかりなことに加え、ビザの取得期間を考えると、3ヶ月では決して余裕がありませんでした。 JAPA JOBのアドバイザーの方は、選考の対策だけでなく、面談の日程調整や選考期間を短くする交渉を企業と行って下さいました。 その結果、内定だけでなく就労ビザの取得までしっかりと期間内に行う事ができました。 タイムリミットが来て日本での就職を諦めなければいけないところでした。本当に感謝しております。
日本語での面接が苦手で、自分一人で就職活動を行っていたときには内定を取ることができませんでした。 求人の紹介だけでなく、面接の練習や書類のアドバイスをくれるとの事でJAPA JOBに相談をしました。 マンツーマンでの練習を何度も行って頂くうちに、面接の場でもスムーズに話せる様になりました。 さらに、志望動機や自己PRの作成も一緒に行って頂きました。 いままで自分一人で作っていたときには、なかなかしっくりこなかったのですが、 じっくりとカウンセリングをして頂いたお陰で、自分でも納得できる内容のものを作ることができました 。 最終的には無事に内定を頂く事ができ、憧れであった日本で働くことができました。ありがとうございました。

相談お申し込み 企業様はこちらへ